香りの強い料理は子供に野菜を食べさせるチャンス

野菜の嫌いな子供は大変多いと思います。
特に、ニンジンやピーマンといった癖のある野菜は特に嫌いと言うお子様も多く、苦戦されているお母さんも良く耳にします。
野菜は栄養価も高く将来のためにも食べられるようになった方が当然良いわけで、色々試行錯誤されていることと思います。
根本的な解決方法は、初めて食べる野菜でも本当に美味しい野菜を食べさせると、意外と嫌うことは少ないです。
例えば、有機栽培された野菜なんかを初めに食べてもらうと、食べてもらえる確率は断然上がります。
しかし金銭面や環境面からも、なかなかそういうわけにもいきませんよね。
そこで、有効な方法があります。

 

それは、香りの強い料理に野菜を混ぜる方法です。

野菜嫌い5
もちろんこの方法だと、野菜が原型で出てきた時には食べられませんが、栄養価を考えるととりあえず食べられるまでの応急処置的な役割だとお考え下さい。
例えば、野菜は嫌いなお子様でもカレーを嫌うお子様はとても少ないと思います。
実際にカレーを嫌う日本人というのは極僅かなのだそうです。

 

それを逆手にとって、カレーの中にミキサーにかけた野菜、もしくは野菜ジュースを混ぜます。

かなり強引な手段と思われるかもしれませんが、野菜類をカレーの中に入れると、コクや旨みが増します。
現に、本場のインドのカレーにはトマトが大量に入っていたり、我々で言うところのご飯にあたるパンのようなナンという食べ物にはヨーグルトが入っていたりします。
それに、インドから近く同様のカレー文化があるスリランカのカレーにはグリーンカレーといってホウレンソウが入っているのです。
なので、カレーに野菜を入れるということは、至極当然のことなのです。
野菜嫌い4
それから、他にもお子様の好きなハンバーグの中に野菜をみじん切りにして入れ、ソースは少し香りの強いデミグラスにすれば、普通に食べてもらうことが出来ます。
他にも唐揚げの衣に野菜ジュースを使ったりしても美味しくて栄養価の高い料理に早変わりするので、興味があれば是非試してみて下さい。
以上、香りの強い料理は子供に野菜を食べさせるチャンスでした。

コクUP!で子どもが野菜をもりもり食べるレシピ

子どもが食べない野菜は、独特なクセがあるものが多いですよね。
そんなときは、コクやまろやかさをプラスすることで野菜のクセをカバーし、苦手な野菜も克服できるかもしれません!

 

生玉ねぎ

野菜嫌い1
酵素たっぷり生野菜。焼き野菜や煮物もよいけれど、生玉ねぎには強力な殺菌作用や血液サラサラ成分の硫化アリルや抗酸化作用があります。
苦いし、臭いし、子どもは食べませんよね。

 

生玉ねぎと胡瓜、おくら、大根を刻み、ごま油、海苔、万能ネギ、醤油で味付けし、少しの酢を混ぜ合わせて一晩おきます。

ごま油のコクが玉ねぎの辛みをまろやかにし、子どもでも食べられるようになりますよ。
ごはんのお供にどうぞ。

 

大根の葉っぱ

野菜嫌い2
大根の葉っぱもビタミンやカルシウムがたっぷりで美味しいですよね。
しかし、硬かったり味がなかったりすると子どもは食べないもの。

 

生春巻きの皮や余った餃子の皮とチーズが活躍!

大根の葉っぱを刻み醤油で炒め、生春巻きの皮にチーズと一緒につつみ、揚げます。油のコクやチーズのまろやかさがうまく大根の葉っぱの存在をカバーし子どもでもモリモリ食べられますよ。

 

大葉

野菜嫌い3
抗アレルギー作用があり、βカロチンも豊富な大葉。
しかし、あの爽やかな独特の香りがすると子どもは食べませんよね。
ここでポイントなのは加熱すること。加熱することで香りが薄くなります。栄養が失われることもありません。
しかも油と一緒にとると、βカロチンがよく吸収されます。

 

ひとくちサイズにカットし、ニンニク醤油に漬けた鶏胸肉にしそを巻いて片栗粉を付けて揚げる紫蘇巻き唐揚げ。ほんのり紫蘇の風味が美味しいですよ。

 

フライパンにごま油をひき、豚肉とニンニク、しそを細かく切り、塩を少し加え炒めます。仕上げにナンプラー、レモンを加えたら完成です。ごはんにかけても食べても美味しいです。

 

最悪、スムージーや青汁を使う!!

フルーツや豆乳、牛乳、抹茶などを使うことで飲みやすくし、一気に飲み干させる方法です!
無理やり食べさせるよりは効果的で非常に成功しやすい方法です。

 

個人的にはスムージーより青汁をオススメします!スムージーだとあまりに美味しくできてしまい糖質などを摂取してしまう量が増えるし、毎日続きません。
また粉末タイプは甘すぎます。青汁の粉末タイプはほんのり抹茶風味な感じが多く、牛乳と混ぜるのが一番健康てきなのかなと。。。

 

お母さんも一緒に食べてあげよう!!

 

自分もしっかりと野菜を食べてる姿を見せましょう!好き嫌いなく美味しく工夫して食べる事でどんどん子供も親の背中をみて考え方が少しずつ変わってくれます!!

 

関連記事 絶対オススメ!トマト嫌いのお子様でもトマトを克服できる

2016/03/16 22:40:16 |
私の子供は大の野菜嫌いだったのですが、なぜ野菜がきらいなのかを研究した結果、ピーマンやほうれん草、小松菜といった、苦みの強い野菜は特に避けて食べる特に避ける傾向にあり、子供に聞いてみてもやはり苦みが強くて呑み込めないみたいです。見た目も重要なのですが、やはり青野菜は苦みが強いという潜在意識が根付いているため、口に入れた時も苦みが気になって味覚が敏感になってしまうみたいです。そこで試行錯誤した結果、ブロッコリーを使用した料理なら子供も食べられるのではないかという考えに至りました、子供とファミリーレストランに外食に行ったとき、ハンバーグの付け合わにブロッコリーがあったのですが、子供はデミグラスソー...
2016/03/16 22:37:16 |
子供に野菜を食べさせたくて買い物に行き野菜コーナーを見ると、値段が高いです。地球温暖化のせいなのか、四季もあるような、ないような良く分からない季節感です。今年の冬は暖冬だったそうです。季節が変になってしまったのは私達人間が原因だと私は思います。その代償で収穫できるはずの野菜が自然災害や気候の変化で収穫量が激減してしまったり、苗が育たなかったり豪雨被害で流されてしまったりして野菜の値段が高騰してしまう事があります。物によっては買いたくても高くて手が出ない程高い時が多々あります。それでも、子供に野菜を美味しく食べてもらって野菜嫌いを克服してもらいたいと思って料理します。それに、野菜のない食卓は彩り...
2016/03/16 22:36:16 |
我が家の3歳になる息子。とにかく緑黄色野菜が苦手です。不思議なもので大根やゴボウ、長芋などは大好きです。でも少しでも緑色の野菜や、赤色の野菜は見向きもしません。薄味ではもってのほか、どんなに味をつけても、なかなか食べてくれません。濃い味にして食べさせても、結局塩分の取りすぎが心配だったり、他の食べ物のすべて濃い味付けではないと満足ができなくなったりするのではないかという心配から、なかなか食べさせることができずに悩んでいました。簡単美味しい!スムージーにひと工夫で子供の野菜嫌いを克服そんな中、同じ年ごろを持つママから、とても役立つ情報を教えてもらいました。そのお子さんもとても野菜嫌いでしたが、あ...
2016/03/16 22:34:16 |
野菜嫌いな子供になんとかして野菜を食べてもらう、好きになってもらう方法といえば「刻む」がポピュラーです。細かく、できるだけかたちや色がわからなくなるまで細かく刻み、ハンバーグに混ぜたりカレーに入れたりしますが、この方法だとごまかされて食べるものの野菜の味そのものは苦手なままなので、完全に克服できているとはいえなかったりします。そこで、おすすめは出汁やブイヨンでじっくりていねいに、弱火でコトコト煮る「柔らか煮」です。出汁はインスタントよりもできれば昆布やかつおぶし、煮干しでしっかりとったものの方がいいです。理由はインスタントの出汁だと妙な酸味がでたり野菜独特の苦みやえぐみがでてしまいやすいからで...
2016/03/16 22:33:16 |
子供の野菜嫌いは、なるべく早い段階で克服させたいものです。かと言って無理に食べさせると逆効果になり、野菜というだけで拒否反応を示してしまうという事態になりかねません。そこで、野菜の美味しさを知って無理なく摂るには、いま流行のスムージーにひと工夫する方法をオススメします。スムージーは凍らせた葉野菜をベースにフルーツを組み合わせ、ミキサーで撹拌してつくるボリュームのあるドリンクです。野菜やフルーツをたっぷりと摂ることができ、一般的な食事では摂りにくい野菜も簡単に取り入れることができるため、美容や健康に良いと人気を集めています。大人向けのスムージーは、野菜の割合が多いため、野菜嫌いの子供には敷居が高...
2016/03/16 22:31:16 |
どもが苦手な野菜と聞いて一番に頭に浮かぶのはピーマンですが、最近はピーマン以外にも上位に挙がっている野菜はあります。その1つがトマトです。トマトは色々な種類があり最近は甘味のあるフルーツトマトも販売されているので苦手という子供も減ってきていますが、それでも最初に食べたトマトの味を思い出して食べられない子もいます。トマトはアンチエイジング効果の高い野菜として知られていますし、ビタミン類が豊富なだけでなく抗酸化作用もありますので、家族みんなで食べたい野菜です。そこで家族みんなで食べられる美味しいトマトメニューを作って子供さんにもトマトを食べてもらえるように工夫してみてはいかがでしょうか。トマトとい...
2016/03/16 22:30:16 |
野菜嫌いな我が子のためにやってきた工夫があります。今回はその中の3つに絞ってみました。私なりにその事をまとめてみようと思います。苦味がポイントでした!野菜嫌いの子供におすすめなブロッリーを使った料理粉末青汁は寒天で固める。我が家はでは数年近くの間、青汁を飲んできています。子供も牛乳に混ぜたり、りんごジュースに混ぜたりすると飲むことがありましが、毎日の事だとさすがに飽きて来るようです。飽きてるな〜と感じた時に私がする方法は、粉末青汁を湯でとかして、寒天を入れて型にいれます。我が家で飲んでいる青汁は抹茶風味のような味わいでとても飲みやすい物なので、その事を利用して、抹茶風ゼリーだと言っておやつに食...