トマト嫌いのお子様でもトマトを克服できる

どもが苦手な野菜と聞いて一番に頭に浮かぶのはピーマンですが、最近はピーマン以外にも
上位に挙がっている野菜はあります。その1つがトマトです。トマトは色々な種類があり最近は
甘味のあるフルーツトマトも販売されているので苦手という子供も減ってきていますが、それでも
最初に食べたトマトの味を思い出して食べられない子もいます。
野菜嫌い9
トマトはアンチエイジング効果の高い野菜として知られていますし、ビタミン類が豊富なだけでなく
抗酸化作用もありますので、家族みんなで食べたい野菜です。

 

そこで家族みんなで食べられる美味しいトマトメニューを作って子供さんにもトマトを食べてもらえるように工夫してみてはいかがでしょうか。

 

トマトといえば、独特の酸味をイメージする人も多いですが酸味が苦手なだけであれば、酸味がほとんどない品種を選べば良いでしょう。また、トマトはトマト鍋にしたりして煮くずれるくらい煮込んだら酸味が気になりにくくなると言われています。トマトの酸味はしっかり加熱してしまえば食べやすくなります。ケチャップなども加えて甘味をプラスして煮てしまうのもおすすめです。

 

あとはトマトの酸味を消してくれるような食材を加えて調理しても良いです。卵との相性がとても良いですのでトマトを細かく刻んで炒めてから卵を加えてオムレツにしてみるのも良いです。
野菜嫌い10
トマトの青臭い匂いが苦手という人もいます。その場合は、フルーツトマトなどを選ぶことで少し青臭さは減ります。加熱すると匂いも気になりませんのでトマトの青臭い匂いがダメという人も加熱してトマトを食べてみましょう。

 

トマトが苦手でもトマトケチャップやトマトソースなら大丈夫という声もあります。まずはトマトのホール缶を使って料理してみると生のトマトよりもやわらかくなっていますので食べやすいでしょう。